私は、パソコンの組立や修理の仕方を教える日本で唯一?のパソコン教室を営んでいます。
お越しになる方は全国に及び、遠くはニューヨークからインド、台湾など様々です。
パソコンなどどこでも手に入りますし、直さずネットショップで買えば簡単なことですが、そこまでして私の元に通うのは「知識不足で店員や納入業者にカモにされた!」経験から悔しい思いを晴らしたいからです。
パソコンに限らず、スマホショップでも同様で、一言「よく分かりません・・・」と言おうものなら、「こっちがお得ですよ!」と言われて、どんどん高額なオプション付けられカモにされてしまいます。
お墓も同様で、一般人は宗教の事を深く学ぶ機会もありませんし、お寺の機嫌を損ねてはご先祖様が粗末に扱われてしまうので、学ぶ機会は少なく、何となく言われるままにお布施することになってしまっています。
こういったネギカモから脱却するには、私たち自身が、他人任せにせず自ら学び続けることが何より大切です。

永代供養墓では、檀家(門徒)さんのお墓と違い、同じ仏教でも様々な宗派の方々が集まり供養をされます。
永代供養墓のホームページや広告作成にあたり、できるだけ多くの方々の声に耳を傾け、ヒアリングを10年以上続けて参りました。
そこで分かったのは、お寺に不満をお持ちの方が多く、うかつに頼めば高額なお布施を後から要求され、怖くて安易にお寺に相談できない方が多くいらっしゃるということです。
ご遺骨を持ったまま何年も悩まれている方々が、こんなにもたくさんいることに愕然と致しましたが、同時に、昨今の永代供養墓ブームで明朗会計をうたい、「宗教のしがらみは一切無いお墓で、本当に故人を弔うことができるのか?」との疑問をいただくようになりました。
葬儀や法要での作法はもちろん、亡なられた方への供養に関する考え方もまちまちで、本当に故人が望んでいた方向で供養することができるのか、改めて仏教を原点に立ち返り、宗派にとらわれることなく広く見渡することで、宗教との付き合い方を見出せるのではと考えています。
複雑で難解な仏教を一般の方にも優しく紐解き、永代供養墓などご先祖様への向き合い方を皆様と共有できれば幸いです。

ご意見・ご質問がございましたら、フォームよりお問い合わせください。