仏教は目的地は一緒でも、その行き方は宗派によって様々です。
永代供養墓を選ぶ際、十分理解した上で、自分たちの価値観にピッタリ合ったお墓選びが重要です。
違いを、分かりやすく海外旅行に例えてみます。

旅人:信者
旅行会社の社長:お釈迦様
旅行会社の窓口:お寺
添乗員:阿弥陀さま
旅費:お布施
乗り物:豪華客船(浄土系)飛行機(大乗仏教)手漕ぎボート(小乗仏教)
集合場所:セントレア空港(極楽浄土)
船室:法名(戒名)によってランク分け
旅の目的地:あの世
旅先への永住:涅槃(ねはん)

浄土系の宗派は、乗っているだけで極楽浄土への旅を楽しむことができる、超大型の豪華客船と言えるでしょう。
船上での新たな出会いも、旅の醍醐味の一つです。
一人で悲しみを抱えるのではなく、法要に足を運び、お隣にいらした方にお声をかけるのも楽しみの一つです。

極楽浄土の豪華客船