名古屋市内の永代供養墓。5万円から宗派不問でどなた様でもお申込みいただけます。

名古屋市八事霊園内にある安楽寺永代供養墓のご案内です。
安楽寺は親鸞を宗祖とする浄土真宗大谷派のお寺ですが、納骨する場所が見つからず、ご遺骨を手元に置いたままの方が多くいらっしゃることを重く受け止め、宗派にかかわらず、どなた様でも定額(5万円~)お入りいただける永代供養墓を2011年9月に八事霊園内に建立致しました。
納骨される方々のご負担を考え、年間の管理料は無料です。
年3回開催される無料法要にはご納骨された多くのご遺族、友人知人の方々が集まり、法要の様子はホームページのほかYoutubeでも公開しております。

八事霊園安楽寺永代供養墓

年3回行われる合同の無料法要には多くの方々が集まり皆さんで法要が執り行われます。現地に足が運べない皆様にはブログ写真のほか、映像でも公開し遠方からお参りいただいています。

●はじめに

このページは、パソコン教室ワンクリック(有限会社ワンクリック取締役 足立 勉)が運営する「八事霊園 安楽寺 永代供養墓のご案内」のページです。

私は30年前のサラリーマンだった頃、名古屋駅で浄土宗の寺院が立てたビル建設が最初の仕事でした。
住職は女性の方で、自宅へ伺うといつも抹茶を点ててくださり、サンスクリット語の経典を見せてくださり、仏教について詳しくお話しくださいました。
公私共に大変お世話になる中で、住職から相談を受けることも多くなり、それに正確にお答えしようと、少しずつですが仏教の勉強を始めえることにしました。
それから5年ほど経ち、手がけたビルが安楽寺会館となります。
その後すぐにパソコン教室を起業し、安楽寺の住職ご夫妻との長いお付き合いが始まりました。
コンピューターの世界には情報リテラシーという言葉がありますが、リテラシーとは「自己の目的に適合するように使用できる能力のこと」言います。
コンピューターウイルスにやられたり、ネット詐欺に遭遇する人は毎回決まって同じ人で、リテラシーの欠如が原因です。
お寺も全く同じで、無知を良いことに適当な仏の話に騙され、高額なお布施を搾取されています。
仏を信ずることは何より大切ですが、何の仏を信ずるかがもっと大切です。
お寺にすべてをお任せするのではなく、一般人の私たちもお寺の方と共に仏教リテラシーを高めることが、失敗しないお墓選びにつながるのではないでしょうか。
このブログでは、永代供養墓の話だけでなく、私が学んできた拙い仏教の知識や情報を皆様と共有し、残された人生を大切に歩んでいければと思います。

●安楽寺との出会い

安楽寺新聞をご担当されている住職は、WordでPOP広告作りを猛勉強され、インターネットで公開されている「安楽寺だより」はお一人で原稿のすべてを製作を担当されています。少しでも仏教に親しんでもらおうと、年に4回の発行を10年以上欠かさず継続されており頭の下がる思いです。
住職の仏教に向き合う姿勢が記事に込められておりますので、ご先祖様を託すお墓を決める前、是非一読されることをお勧めいたします。
そして、住職の奥様(お寺の奥の部屋を守ることからオクリさんと呼んでいます)は、永代供養墓を担当され、墓の建立からパンフレット作成、現地案内から契約、無料法要の準備から新聞など案内書を発行するまで、すべての業務を一緒にさせていただいております。
私は浄土真宗ではありませんが、お申し込みの方すべての方の申込書をデーターベース化し、添えられたお手紙を拝読しながら、外部の視点で気づいたことや、お寺の立場で言いにくいことなどをブログ記事で発信して参ります。
永代供養墓へは宗派を問わず様々な方がお申し込みになられていますが、公平中立を保つため、浄土真宗大谷派や安楽寺の見解に縛られず発言いたしまので、このサイト内での発言に対するご意見は、どんな小さなことでもかまいませんので、すべて「お問い合わせフォーム」より、有限会社ワンクリック足立宛に直接お寄せください。(ご意見の場合は匿名でもかまいません)
これまで、お寄せいただいたご意見で、無料法要の際、賽銭箱が設置され、すべてお供えのお花代に使われるようになりましたし、お参りの際には、足元が不安とのご意見から手すりも設置されました。
お寄せいただいたご意見・ご要望は、私からお寺にお伝えし、ブログ内でもご報告させていただきます。

●「お墓選び」は「お寺選び」

仕事柄、様々な宗派のお寺様とのお付き合いは30年以上に及びますが、1つハッキリと申し上げられるのは、宗派が同じでも「お寺によってまったく違う」ということです。
コンビニならば、同じ系列のお店であれば、まったく同じ品質の商品を売っているはずですが、お寺の場合、宗祖や宗派が同じであっても仏教に向き合う姿勢やお墓に対する価値観は千差万別で、その考え方も対応も1つとして同じお寺はありません。
昨今、毎日のように葬儀と永代供養墓のチラシや広告を目にするようになりましたが、ほとんどの広告にお寺の名前があっても宗派の記載が見当たりません。
本来であれば、身内の方が亡くなればお寺に連絡するはずですが、先ず葬儀屋さんに連絡し会場が決まったらお寺に連絡といった順序が一般的です。
同様にお墓も、お寺に相談すべきところが、葬儀屋さんや仏壇屋さん、墓石屋さんにネット業者といった具合で民間企業が受付窓口となっています。
第3者の企業にとっては、1件でも契約を取りたいので、宗派をうたうことは申込者に制限をかけてしまうことになり、販売上は不利になります。
もっと言えば、仏教系の寺院ではペットと一緒にお墓に入ることを良しとしない宗派がほとんどなので、制約の厳しい本山から離脱し、単独の寺院としてビジネスを起こせば何でもアリです。
こういったお寺も増えてきているのも事実ですが、先祖供養にご先祖様たちが大切に守ってきた宗教を無視しては本末転倒です。
このページでご紹介させていただく名古屋市瑞穂区の安楽寺さんは、10年以上のお付き合いになりますが、ご家族そろって仏教に真摯に向き合い、常に皆様の声に耳を傾けておられます。

●永代供養の定義はイロイロ

永代供養は身寄りの無くなった方や諸事情でお墓へ入れない方々をお寺が代わって供養する古くからある制度ですが、骨壺で管理されている場合は13回忌など一定期間で取り出され合同墓地で埋葬されているケースも多くあります。
永代という言葉から永久に管理し供養してもらえる様なイメージがありますが、そうでないケースもあるので注意が必要です。
骨壺に入れたままにするのは、後々お寺や墓地を変える可能性がある場合や、土に遺骨を埋葬してしまうと、連れて帰れないので寂しい思いもあって、気持ちが落ち着くまでの間は、骨壺に入れたままで供養したいとの考え方からです。
しかし、誰にも迷惑をかけたくなくて永代供養墓を選んでいるのに、後々に多額の費用負担が発生していては本末転倒です。
安楽寺の永代供養墓は、写真の大きな石塔の下に埋葬され、土に還る合同墓で、一度申し込めば毎年の管理料や更新料も不要で、ご遺族や子孫に代わって永久に供養されます。

●お墓選びの前に確認しておきたいこと

永代供養墓は樹木葬、納骨堂、石の合同墓など様々なスタイルがあり、初期費用や毎年の管理費、アクセスの良さなど、どれが良いのか悩ましいところですが、どんな好条件のお墓であっても、管理するお寺が続かなければ本末転倒です。
大切なご先祖様やご家族が安らかに眠る場所として、「何処で埋葬するか?」よりも「誰が弔うか?」の 「お寺選び」 が何よりも大切ではないかと思います。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、永代供養墓をお選びになる前に以下の3点についてご確認いただくと良いのではないでしょうか。

①永代供養墓の受付・案内・契約までをお寺が責任をもって行っているか?
②永代供養墓の管理(申込者の情報)をお寺が把握し行っているか?
③永代供養墓への納骨から年忌法要をお寺が受付し自ら行っているか?

●共同の永代供養墓はこんな方にお勧め致します

子供が女の子しかいないため嫁がれてお墓を継ぐ人がいなくなってしまう方
次男であるために本家のお墓に入れない方
遠方から出てきているため、現在住んでいる所に新しくお墓を求めたい方
自分で入るお墓を自分で決めたい方
お墓のことで後々子供に負担をかけたくない方
生涯未婚を通す方や離婚により単身の方
先祖代々のお墓を継いだがその後の管理が負担になっている方
経済的にお墓にあまり費用をかけられない方
なかなかお墓参りに足を運ぶことができないので、掃除や供養を含めた管理をお願いしたい方
仲が良かった友達たちとお墓を共にし故人をいつでも偲びあえる場所を求めている方
後にご一緒にお墓に入りたい方と生前予約をされておきたい方
長年ご遺骨を守っておられて、どうしたらよいか悩んでおられる方 

●料金表(お寺につき消費税不要)

安楽寺永代供養墓は皆様ご一緒の合祀墓です。
年3回(3月・7月・9月)に無料で合同法要致します。(法要は当派の法儀にて行います)
納骨後の費用はかかりません。
お墓へのお参りが大変な方には、永代供養墓への納骨と同時にお寺で5年間3万円でご遺骨の一部をお預かりし、事前にご連絡頂ければいつでもお参り頂くことが可能です。
個別に読経を希望される場合や年1回(毎年8月)に安楽寺会館にて行われる盂蘭盆会法要にご参加の方は5,000円程度(ご無理のない額で)の御志を頂いております。

どのプランも石板への刻字形態が違うだけで納骨方法は同じです。

安楽寺永代供養墓料金表

●永代供養墓地図

現地見学をご希望の方はスタッフがご案内致しますので、下記フォームよりご予約ください。

八事霊園安楽寺永代供養墓地図
八事霊園安楽寺永代供養墓

資料請求・お問い合わせ

ブログ

仏教探求ブログへようこそ

このサイトは、八事霊園の安楽寺永代供養墓を紹介するサイトではありますが、安楽寺とは無関係に私費で運用され、仏教について幅広い探求を目的として開設いたしました。 私は、パソコンの組立や修理の仕方を教える教室を25年営んでい …

八事霊園安楽寺永代供養墓お盆法要2021の撮影に行ってきました

安楽寺永代供養墓では、年3回(3月・7月・9月)に遺族の方や生前申込の方と共に無料法要を行っています。2021年7月15日、八事霊園で行われる法要の様子はZoomで瑞穂区の安楽寺会館へ映像中継を行いました。病気や遠方でご …

チベット仏教ではお布施は鳥にする?

日本では土葬や火葬が一般的ですが、チベットでは5つの葬儀が行われています。 ①塔葬(とうそう)塔婆の語源である仏塔(ストゥーパ)に納棺。②鳥葬(ちょうそう)鳥に食べてもらい天に昇る。③火葬(かそう)高地でマキの確保が難し …

チベット仏教での仏陀誕生祭

日本では4月8日をお釈迦様の誕生日として祝いますが、チベットではチベット歴4月の満月にシャカダワと呼ばれる誕生祭が行われます。聖山カイラスの麓では、「ダルシン」呼ばれる柱にお経を書いた5色の祈り旗をなびかせる風習がありま …

ダライ・ラマ般若心経オンライン法話会

2021年5月1日午後12時30分から15時30分まで、台湾のチベット仏教徒祈願委員会主催によるダライ・ラマ14世によるオンライン法話が行われました。3時間にわたる、法話の中でダライ・ラマ法王は11人の参加者の質問にお答 …

世界で最も過酷な巡礼地カイラス山

インド北部に広がるヒマラヤ山脈で最も有名なのはエベレストですが、多くの山々が信仰の山であるため登山が禁じられています。ネパールの西の端を北に上がったところに、標高6656mのカイラスと呼ばれる山がそのひとつです。富士山が …

PAGETOP
Copyright © 八事霊園安楽寺永代供養墓 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.