8月7日(土)8日(日)と、2日間にわたって行われた「安楽寺盂蘭盆会法要2021」の撮影に行ってきました。
8月に入り新型コロナウイルスもデルタ株やラムダ株など変異種が急増し、急きょ2階で行われる法要を、屋外へ中継することになりました。
8月に安楽寺会館で行われる盂蘭盆会法要は、7月に行われる八事霊園安楽寺永代供養墓のお盆法要とは別のモノです。
八事霊園での法要は、年3回(3月、7月、9月)に行われ、永代供養墓をお申し込みになられた一般の方が集まり無料で行われますが、今回の会館で行われる盂蘭盆会法要はご門徒さん(昔から安楽寺を支えてきた檀家さん)や永代供養墓をお申し込みになられた一般の方、初めてお盆を迎える方、住職や副住職が導師を勤め葬儀でご縁があった方など多くが集まり、お布施は1家族5千円で行われます。
お布施の習わしは、僧侶がお金儲けなどビジネスをしてはならない厳しい戒律から始まっています。
現代では仕事を持ち副業で収入を得ておられる僧侶も少なくはありませんが、わずかずつでもお布施をして、仏事に専念いただきお金の心配などさせないことが、私たち在家の務めではないでしょうか。

安楽寺会館盂蘭盆会法要2021