2021年5月1日午後12時30分から15時30分まで、台湾のチベット仏教徒祈願委員会主催によるダライ・ラマ14世によるオンライン法話が行われました。
3時間にわたる、法話の中でダライ・ラマ法王は11人の参加者の質問にお答えになりましたが、私が心に残った5人目の問答についてご紹介します

質問者:「どの宗教を信ずるかについて、大切なことは何ですか?」

ダライ・ラマ法王:「次の3つが大切で、どんな立派な僧侶であっても、何も考えず信心してはなりません。」
 ①分析を重ねること。
 ②分析したことを自分でしっかり確認すること。
 ③確認したことを直ちに実行すること。

ダライ・ラマがおっしゃったことは、三蔵法師が天竺(てんじく:インド)の大学(ナーランダ僧院)から学んできて、今日までチベット仏教では伝承されてきていることです。
例え同じ宗派であっても、どの僧侶を信じるのかは、3つのステップを必ず踏むべきだと言うことです。

日本語同時翻訳でYoutubeでもライブ配信されました。

台湾台北の結婚式場でダライ・ラマ法王のオンライン法要が行われました。
写真は自作パソコンでお世話になっているGigabyte社の方(最上段右から9人目の方)が出席され送ってくださったものです。