訃報で駆け付ける際に確認しなければならないのが不祝儀袋の表書きですが、同じ仏教でも、まず確認しなければならないのが浄土真宗かそれ以外です。
また、仏の前に供えるのか、魂の前に供えるのか、そのタイミングによっても違ってきます。

御仏前:浄土真宗
御霊前:浄土真宗以外(わからない場合も)

玉串料:神式

日本の仏教は土着の神様の信仰と融合し、亡くなってから49日間は霊魂の状態で過ごし、その後に成仏すると考えられていますが、浄土真宗のみ亡くなると即座に阿弥陀如来により成仏すると考えられています。
つまり、故人の魂が現時点でどうなっているかによって香典袋の表書きが決まることになります。

浄土真宗では魂の状態でさまよい歩くことは無く、直接極楽浄土へ行くとの考え方から、葬儀で故人が死装束(しにしょうぞく)を着けることがありませんが、慣習的に49日を過ぎ、忌明けしてからの納骨になります。

亡くなった直後の状態49日以後の状態
浄土真宗成仏(御仏前)成仏(御仏前)
浄土真宗以外霊魂(御霊前)成仏(御仏前)